アウトドアクッカー Bushbox/ブッシュボックス コンビネーションセット - 世界のナイフ通販ショップ eナイフ.jp

HOME ファイヤーストーブ

BushBox/ブッシュボックス

アウトドアクッカー Bushbox/ブッシュボックス コンビネーションセット

販売価格

6,500円(内税)

購入数


この商品の詳細

ブッシュボックス ブッシュボックスブッシュボックス ブッシュボックス ブッシュボックス ブッシュボックス ブッシュボックス ブッシュボックス ブッシュボックス ブッシュボックスブッシュボックス ブッシュボックス

詳細データ
この商品の詳細
カラーSilver
材質ステンレススチール

よくあるご質問

普段の手入れはどうすればいいですか?
使用後は水分をよくふき取って、刃物油やシリコンスプレーなどを塗布して収納してください。
長期間使用されない場合は、シースから出して保管されることをお薦めします。
錆びたりはするんですか?
鋼材によってまちまちで、ステンレス系は錆びにくいですが炭素鋼系は錆びやすいです。
水場での使用が多い場合はステンレス系鋼材のナイフを選択されることをお薦めします。
日常での調理ナイフとして使うことはできますか?
刃物なので基本的に使えなくはないですが、形状によっては調理ナイフとしては使いにくいモデルもあります。
調理にもお使いになりたいということであれば、刃の薄いモデルをご選択されるといいと思います。
鋼材につきましては鋼材についてをご覧ください。
グリップの種類って何種類くらいあるんですか?
天然のものから人工のもの、材質や色など種類は多岐に及びます。
ハンドル材につきましてはハンドル材についてをご覧ください。
キャンプやブッシュクラフトなど、幅広い分野で私用したい場合ははどんなナイフがいいでしょうか。
幅広い分野でお使いになりたいということであれば、丈夫なこと、取り回しがいいこと、錆びにくいことなどが重要になると思います。
刃の長さが3インチから5インチ程度で刃の厚みが3mmから5mm程度のステンレス系のものがお勧めだと思います。
研ぐときは包丁を研ぐのと同じように研げばいいんですか?
砥石を使って研ぐのは同じですが、形状によってはそれぞれに応じたとぎ方が必要なので、基本的には包丁を研ぐよりはやや難易度が高いと思います。
最近は砥ぎの動画も多く紹介されていますので、ご自分のスタイルにあった方法をご参考にされてみたらいいと思います。


当店でのご購入メリット


海外通販との比較



販売価格

6,500円(内税)

購入数



PageTop

  • おもてなし
  • 交換返品OK
  •      
  • 店主ブログ
  • 送料無料


  • ブレード鋼材の選び方
  • 厳選された2種類の糸を知る
  • 歴史と伝統
  • 伝票
  • ロイヤルワラント
  • 未成年
  • 初めてのお客様へ
  • お支払いについて
  • 特商法に関する表記
  • お問い合わせ